とずけんどっとこむ

更新日 2012-10-30

HOME > 中学年 > チョップスティックコミュニケーション

.
.
.
.

題材集 〜中学年(3〜4年)編〜

LinkIconLinkIconLinkIcon

活動写真

山田 チョップステ03.jpg山田 チョップステ04.jpg山田 チョップステ05.jpg山田 チョップステ02.jpg

題材について
割り箸と輪ゴムを組み合わせながら気に入った形をつくります。さらに友達とかかわりながら形を見付けだし、思いのままに表していきます。
キーワード
「いいな」という形、組み合わせ(関わり)、成長
評価規準
・ 体全体の感覚を働かせながら意欲的に取り組んでいる。(関心・意欲・態度)
・ 色や形、組み合わせを楽しみながら自分なりに発想する。(発想や構想の能力)
・、組み合わせながら形や色のおもしろさを見付け、友達とかかわりながら工夫して表す。(創造的な技能)
・自分や友達の作品に関心をもち、よさや楽しさ感じようとする。(創造的な技能)
領域
A表現(1)(2)
学年
第4学年
時間
6時間
材料・用具
割り箸、輪ゴム、アクリル絵の具
場の設定
図工室
活動の流れ
1.割り箸を好きな色のアクリル絵の具で着色する。
2.着色した割り箸と輪ゴムを使って、思いのままに組んでいき気に入った形をつくる。または、その形のイメージから割り箸と輪ゴムを使って組んでいく。
3.自分の形から割り箸と輪ゴムでニョキニョキと枝のように成長させて友達の形とかかわりながら合体していく。
4.みんなで作品を身につけ鑑賞し合う。
こどもの様子
大量の割り箸をみて子どもたちの「おーっ・・・」という低いどよめきがあがりました。
割り箸と輪ゴムを使って好きな形がつくれるということで組み合わせを考える子、夢中でひたすら組み合わせていく子、組み合わせては気に入らないと分解しては悩み、なかなか進まない子とそれぞれが「いいな」と思う形をつくっていきました。「直線がきれいに並んで(幾何学的な)形の組み合わせがいい」「ぐちゃぐちゃで始めは嫌だったけど、大きくなってきたらおもしろくなってきた」
など、それぞれが「いいな」という形をつくりあげました。また、友達と並べたり、組み合わせたり、つなげたりしながらつくりだす楽しさを味わい、活動がより深まっていく様子が伺えました。

LinkIconLinkIconLinkIcon